MENU

デリケートな目元に使って副作用は出ないの?

アイキララは目元専用クリームで、クマの解消に効果大!らしいのですね。

 

寝不足や色素沈着などのクマや年齢によるクマと様々なクマに対応できると人気みたいです。

 

 

人気と聞きつけてかなり気になる商品なのですが、気になるのが副作用。

 

デリケートな目元に使うものなのですぐに購入するのはちょっと躊躇してしまいます。

 

 

体の中でも一番薄いという目元なのでトラブルになって色素沈着などの副作用が出ては話になりませんものね。

 

多くの人が太鼓判を押している商品なので大丈夫かなとは思いますが、少し怪しんだ目で副作用について調べてみました。

 

まず、気になるアイキララの成分。

 

 

有効成分としてMGAという成分が含まれています。

 

MGAを調べてみるとビタミンC誘導体の一種で美白効果やコラーゲンの働きを助ける効果があり、経皮吸収性がビタミンC誘導体よりも高く、乳化できるように開発された成分のようです。

 

ビタミンC誘導体を高濃度で肌につけると刺激となりヒリヒリ、ピリピリしてしまうので沢山つければいいというものではなさそうですね。

 

 

アイキララの場合は、健康食品を多く扱う会社から発売されているものです。
栄養素のプロたちが異常な高濃度でMGAを配合されているとは考えづらいですし、アイキララは一回分のクリームが1プッシュで出てくるようになっているので、つけすぎるという事もないのでこの副作用を気にすることはなさそうですね。

 

 

副作用ではありませんが、ビタミンC誘導体は時間がたちすぎると効果が薄れてくるものでありますので、使用期限を守るようにしましょう。
(未開封で2年、開封してからは2月以内に使い切りましょう)

 

そのほかの成分を見ても特に副作用が起こるような成分は入っていないようです。

 

保湿力を高めるのに植物性の美容オイルも多く含まれ、着色料、保存料、防腐剤などを含まないと無添加にもこだわって作られているようです。

 

子供に使っても大丈夫なほどの安全性があるので敏感肌の方も安心して使えるようですね。

 

ただ、アレルギーがある方も中にはいらっしゃると思いますので、アレルギーをお持ちの方は購入前に成分チェックをしたほうがよさそうです!

 

⇒アイキララの公式サイトはこちら

関連ページ

目元が変わる!クマ解消の近道成分とは?
目の周りのクマが気になるという方に選ばれるアイキララですが、選ばれる理由はクマに効果的な成分にあるようです。アイキララの成分をチェックしてみました。
新発想!目元クリームのアイキララの使い方!
隠す目元ケアではなく根本原因の解決を目指すアイキララですが、使い方もシンプルで好評みたいです。アイキララの使い方とおすすめアイケアをご紹介します。